ボーリングは何歳からできる?3才の男の子と家族でいってみた!

こんにちはチータです。

みなさん、ボーリング好きですか?
私は、大学生くらいのころ親戚のおじさんに連れて行ってもらったのがはじめてのボーリングでした。それ以降、大学の友人やらだんなといったりしてたまーに楽しむ程度ではありますが、わいわい体を動かすのは楽しいですよね。

でも小さい子供がいるとちょっと難しい部分もあります。いったい何歳くらいから子供は楽しめるのか?
我が家の3人の子供たちでどうなったか、書いてみたいと思います!!

子供歓迎のボーリング場

家族連れ歓迎のボーリング場だと、小さい子供向けの設備がある場合も多いですね。

対応設備

バンパーレーン

あらかじめお願いしておけば、子供(や希望する人)が投げる順番になると、レーンの両サイドに柵のようなものが現れる設備があります。
ガターにならないので「子供が投げてもずーと0点でつまらない」ということになりません。(厳密には柵を越えたりして時々ガターはいっちゃうこともありますが)

ストライクもスペアもめったに出ないけど0点よりは楽しめます。

子供用ボール

大人用のボールは大体9ポンドくらいからでしょうか?もっと軽いボールが用意されているところもあると思いますが、キッズ用として5ポンドくらいのボールが用意されています。重さだけでなく、指を入れる穴が小さかったり、指を5本全部使えるように穴が用意されてる場合もあります。

貸し靴

ボーリング場は専用の靴を履くのがマナー。大人はマイシューズってこともあると思いますが、よほどのことがない限り、すぐに大きくなる子供はレンタルかなと思います。
子供用の貸し靴は大体16cmから用意されていることが多いと思います。16cmというと3~4歳くらいが目安。ちょっと大きめかもしれないですが3歳になったらいけるかな?と思うポイントの一つです。

ボーリング滑り台

正式名称が分かりませんが、ボールが重くて投げられない子供のために、投げるポジションにおく滑り台みたいなものが用意されている場合があります。
斜面側をレーンに向け、上にボールをおいて子供がボールを押し出すことで転がします。これだとボールをもちあげる力がなくても転がすことができます。

 実際何歳ならいけるのか?

貸し靴のサイズから3歳くらいが目安かなという気もしますが、実際どうなのか。基本的に子供用の上記のような設備がないと正直しんどいと思いますがこれらがあれば何となく楽しめるような気がしますね。

子供の年齢別ボーリングが楽しめるか実体験報告

というわけで、我が家の子供たち3人のボーリング経験をもとに、年齢ごとの実体験をまとめてみようと思います。前提として前章にある子供用設備が全部そろっているボーリング場である前提です。

1才未満

基本ボーリングには参加不能。ボールの音などでうるさいので音に敏感な子にはちょっと厳しい環境です。
我が家の場合、上の子たちがボーリングをやってみたいというので1歳未満のトラさん(次男)を連れて行ったこともありますが、会場で寝てるか、抱っこされてるかどちらかです。

1~2才ごろ

この辺りも厳しい。アイアイ(長女)5歳、ペガチャン(長男)2歳でトライしてみた時のペガチャンは、靴が大きめ。ボール(5ポンド)が重くて持てない。そして、ゲームが進むにつれて飽きてくる。そして眠くなってぐずる。という残念な結果に。

最初数回投げるのは楽しそうにしてたんですけどね。小さい子は飽きちゃいます。

3才~6才くらい

やっぱりこのあたりでしょうか。3才では難しいですが、年齢が上がるごとに徐々にボールを自分で持って滑り台までもっていきボールを転がすことができるようになり、1ゲーム最後まで飽きずに参加できるようになってきます。
ちなみにルールはまだわからないと思いますが、2回ずつ投げるけどストライクの場合は1回で終わり、というくらいはわかり始めます。

ストライク出しちゃうと一回しか投げられないからつまらないとか言い出す。

6才~8才くらい

年長~小学校低学年。我が家の場合は最近のアイアイ。滑り台からボールを投げると、狙いが定まらないから、自分で投げたい、と思うようになるみたい。
ただし、まだボールが重いので、片手で持つことができず、思うようにはいかないようです。アイアイはあまり力が強い方ではないので、小学校2年生くらいになると片手投げができるようになる子もいるかもしれません。

スコア的には滑り台から転がすペガチャンの方が高かったりします。

付き合う大人も努力が必要

やっぱりボールの重さがポイント

キッズ用5ポンドのボールは2.2kg。子供用とはいえ本人たちが持つにはかなりの重さです。そもそも3~4才の子供が参加する場合、滑り台から転がすにしても、「ボールを滑り台の上に置く」というのが一人ではできません。重いから。
また、一人で持って万一、自分の足の上に落としてしまった場合ケガにつながる可能性もあるので注意が必要です。

付き合う大人の仕事

我が家の場合は最大3人なので結構重労働です。自分のターンは普通に投げればいいんですが、小さい子の番が来たら
・滑り台をセット
・子供のボールを(ボールを持ちたがる子供をいなしながら)滑り台に置く
・子供がボールを転がす
・(次の人が大人だったら)滑り台をどかす。
という作業が必要です。

そして、子供たちは自分の順番以外の時もおとなしく座っていないので隣のグループの邪魔にならないように、投げる人の邪魔をしないように、ボールで遊んでけがをしないように等々結構目が離せません。

まとめ

いかがでしょうか?

蛇足ですが我が家がボーリングに行くときは、1ゲームが基本です。大人はちょっと物足りないですが、子供が飽きちゃう(1つのレーンで5人プレーしてるから時間がかかるというのもありますが。)のと、子供のボール運んだりいろいろ目を配るのが大変だというのが理由です。

それでもアイアイは小学生になってあまり目を配らなくてもよくなってきたという実感があるので、楽しむなら小学生くらいからかなあ。

小さなお子様のいるボーリング好きな方の参考になればと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました